YUTOLOG

 

億りびと

投資や競馬など自由に書きます。

ACNのネットワークビジネス商品のズームエナジーの電気代安いか検証してみた。

 

 

ズームエナジージャパンとは

f:id:ryanyan:20180219103552j:plain

XOOMエナジージャパンとは -会社 概要

  ズームエナジーとは、外資の電力小売りで、カナダやアメリカを拠点に活躍している会社で、日本では、ズームエナジージャパン合同会社として経済産業省に登録し、2016年12月スタート。

 

 現在、電力小売事業として経済産業省に登録している事業者447社もあり、登録していない事業者を含めれば、約1000社もあるなか確実に全国に広まりつつあります。

ズームエナジーの普及の最大の要因は、acnのネットワークビジネスの商品として、全国でacn会員が営業活動しているからです。

 

  ではacnが販売しているズームエナジージャパンの電気代は安いのか?、他社と比較して検証してみます。

 

ズームエナジーの電気料金

 

東京電力 - 東京都 - 一般のお客様 - XOOMエナジージャパン

 今回は、東京電力から切り替えた場合で、ズームエナジー電気料金が安くなるのか?検証してみます。

 

 例 10A 130キロワット使う家庭

ズームエナジーの電気料金

2017年12月の料金表を基に計算すると

10Aの基本料金 279円80銭

1キロワット25.98銭

130キロワットで3377円

合計 3657円

 

東京電力の電気料金

従量電灯B

10Aの基本料金 280円80銭

130キロワット26円

130キロワットで3380円

合計 3661円

 

差額 4円

結論

   ズームエナジーの電気料金のほうが4円安い

結果 ほとんど電気料金は変わらない。

 

   これでは、わざわざズームエナジーに切り替える必要なし。

恐らく、ズームエナジーは、ACNがネットワークビジネスを広めるだけのために設立されたのでしょう。

おすすめ電力小売会社

   ズームエナジーの電気料金を調べてると、他社の安い電気小売業者を見つけたので、ちょっとここで紹介します。

 

f:id:ryanyan:20180219103709j:plain

東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー - Wikipedia

東京電力エナジーパートナーは、発電事業者から仕入れた電気を家庭、工場などの一般の需要家に販売する会社である。東京電力(東電)の分社化の際、東電から需要家との契約約2,900万件を引き継いだため、日本最大の小売電気事業者である。かつての東電の供給区域であった関東地方に加えて、中部地方関西地方の需要家向けにも営業活動を展開している。2017年(平成29年)7月、東京ガスの導管網を利用して家庭向けに都市ガスを供給する事業に参入した[1]

 

kakaku.com

 東京電力エナジーパートナー(TEPKO)は、毎月使用量が400kwh以上の人や都市ガスを使っている人に向いています。

都市ガスを使っているとガスとセット割で、ガス料金が3%安くなります

他にもお得な特典があるみたいなので、東京電力エナジーパートナー(TEPCO)のホームページをみるといいです。

 

f:id:ryanyan:20180219103751j:plain

au電気 

auの携帯電話を契約しているひとに向いています。

8000円以上の使用で、5%分のポイントがウォレットカードに還元されるそうです。

 

その他にも、ソフトバンク電気や電力会社でも安いプランがあります。

まとめ

ズームエナジーは、お得感がなく、おそらくacnのネットワークビジネスのために作られた会社だと思います。

ちなみにズームエナジーは、20人知り合いを紹介すると自分の電気料金が無料になるそう。

だけど20人は厳しい。合法みたいだけどマルチ商法の典型的な手口です。

 

 

www.tityukaidaietto.net

 

  

 

2018年1月 株投資結果(円高で日経平均は上昇せず)

 

1月は、去年から保有していたモリテックスチールが、大幅に値上がりしたおかげで、かなり利益が出た。

しかし、円高の影響で日経平均は、思ったほど値上がりせず、完全に予想が外れた。

年初にスワップ目的で、トルコリラを7万リラ買ったが、6万円ほどマイナスになっている。

今考えると、円高要因は、ユーロのECBの利上げ観測とアメリカのFRBのイエレン議長が辞任し、2月にパウエルさんが議長になることで、利上げが緩やかに行われる可能性があることで、ドル安が加速したからだろう。

あとは日銀の黒田総裁のダボスで物価目標インフレ2パーセントに達成するという発言から、日銀が異次の金融緩和のテーパリングを本格的に始めるのではないかという思惑も円高要因になったのだろう。

この調子で行けば、円安になるのは厳しい。

f:id:ryanyan:20180129112452j:plain

2月の計画

まずトルコリラの損失拡大を防ぐため、ドルの戻り売りをして、ヘッジをかける。

次に株は、2月中旬までに発表される決算で、日経平均のEPSは上昇するから、それまでは売らない。

ダウは、12月初めに短期上昇波動に入っている。短期波動はだいたい2~3ヶ月くらいだから、長くても2月末で終了だろう。

2月末には、保有している大型株を全て売って、再度買い戻すチャンスを待つ。

 

株式投資 2018年も半導体・EVの年。日経平均株価30000円なるか。

 

f:id:ryanyan:20180104230737j:plain

 

  あけましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。ちなみに上の写真は、ぼくの好きな徳川綱吉です。

 2018年の抱負を独り言する。

  先月は、11月の大負けをだいぶ取り戻す事ができた。たまたまいい結果が出ただけだろうが、11月の大負けをきっかけに、 ついてる仙人さんやcisさんのツイッターを見ながら、いろいろ勉強した。

  

 2人の手法の共通点は、ロスカットと順張り、トレンドに乗る、損小利大。特にロスカットをすることは大事だと思う。

2018年も引き続き、このやり方を習慣化する。

 

  ただ2018年は、業績の良い半導体銘柄とEV銘柄、電力自由化銘柄を長期保有して、エリオット波動やフィボナッチ数、25日ライン乖離を見て、過熱感が出れば、一旦手仕舞いし、押し目で再度、買い戻す。

そして支持線を下回れば、ロスカットし、安くなったところを買い戻す。

2018年 日経平均株価25000円超え期待

  2018年は日経平均株価が25000円超えするのではないかと期待しています。

その理由は、

1.半導体とEV銘柄の業績が好調。

  中国やヨーロッパをEVシフト急加速している。EVには半導体も必要だから、今年も好業績の予感。

 

2.日銀がETF年間6兆円購入

  日銀が年間で6兆円もETF買っているから、下げも限定的。

 

3.日経平均株価のPER15倍

 日経平均のparは通常は16倍なので、今の水準は割安。しかも半導体や電気機器・建設業が好調なので、eps(1株利益)は、上昇中。

 

4.アメリカドルインデックス低下している。

  ドルインデックスは、世界の全ての通貨に対して、ドル安かドル高を判断する指数。これが今91.7まで低下している。

おそらく94まではありそう。そうなると1ドル116円くらいまで円安になり、日経平均株価の上昇を手助けする。

2018年3月には、日経平均25000円?

  こういう理由から25000円は、十分ありえると思います。

しかも今日、日経平均ドル・円建てともに直近高値をブレイクしています。

上昇ドレンドに入った可能性が高いので、3月には日経平均25000円達成しそうです。

 

ネットワークビジネス ACNの仕組みや報酬プランをまとめてみた

f:id:ryanyan:20171225155256j:plain

 

 

  先日、前の職場の上司に偶然出会って、その時、今回紹介するACNのネットワークビジネスの勧誘を受けました。

ACNは世間一般的には、マルチ商法ねずみ講

しかし今回は、電気小売りを人に紹介するだけだから、「簡単にできるのではないか」と安易な考えでセミナーに参加してみました。

 

  その話を聞いて1週間後、セミナーに参加したのですが、会場には、なんと約300人。

「なんだこれは!!こんなに人気があるのか」と。ビビってしまいました。

普段は10人くらいしか参加しないらしいですが、今回はACN JAPANの副社長がスピーチするから、300人もいたそうです。

ACNは外資だけあって、スピーチをする人はグローバルな顔ぶれで、

先ず副社長は韓国からの移民のアメリカ人。あとはSVPという最高ランクの中国人やハワイ育ちのアメリカ人。

副社長以外の2人は思わず感心してしまう程の流暢な日本語をしゃべります。

 

  セミナー終了後、先ほどスピーチしていたSVPランクの中国人が、僕を含め、まだACNの会員になっていない人を集めて、場所をカフェに移し、本格的な勧誘を受け、その場で入会させようとしていました。

「さすがに即決はまずい」と思い、おもわず即決は断りました。

こういうものは絶対に契約書を隅々まで拝見して、全て理解した上で決めるものだと思ったので、後日、改めて会員になろうと考えました。

 

  その後、家に帰り早速、契約書を拝見したのですが、勧誘を受けときと話が違うことに気がつきました。

会費は44.900円ということは、聞いていたけど、年間更新料が12.000円という話はなかった。

大事なことを言わないので、即決しなくて良かった。

年間更新料が12.000円かかるということで、「12.000円はきついかな」と思い、僕はACNのネットワークビジネスはしないことにしました。

では、なぜ年間で12.000円の更新料がきついのか?

まずACNの報酬プランを説明します。

ACNのネットワークビジネスでの報酬プランとACNの仕組み

ACN (通信会社) - Wikipedia

取扱っているのは、主に健康食品のベネヴィータ。携帯電話のフラッシュモバイル。そして電気小売りのズームエナジー

 

次にACNのネットワークビジネスの報酬ですが、

ACNのネットワークビジネスでの報酬は、3つあります。

1.自分が直接、紹介したカスタマーでの売上(パーソナルコミッション報酬)

カスタマーポイント

※電気小売りのズームエナジーは、1契約につき2ポイント

※携帯電話のcimは、1契約につき、1ポイント

※電気小売りのズームエナジーは売上の50%を電力会社の取り分。

残りの50%が、自分の売上。

 

カスタマーポイント1~29ポイントは、売上の50パーセントを引いて残りの1パーセントが報酬

電気小売りのズームエナジーを10人で単価6.000円で計算すると

単価6.000円×50%×10人×1%=300円

年間で3.600円

 

カスタマーポイント30~40ポイント。売上の50パーセントを引いて残りの3%

例 単価6.000円×50%×20人×3%=1.800円

年間 21.600円

 

カスタマーポイント40~49ポイント 売上の50%を引いての5%

例 単価6.000円×50%×21人×5%=3.150

年間 37.800円

 

カスタマーポイント50ポイント以上。売上の50パーセントを引いて残りの10%

例 単価6.000円×50%×26人×10%=7.800

年間 93.600円

 

  結論 20人以上の直接紹介したカスタマーがいれば、元が取れます。

しかし友人や知り合いを20人集めることは、かなり難しい。

100人に声をかければ、20人は集まると思いますが、かなりきつい作業になります。

 

2.自分が紹介したビジネスパートナー(44.900円)の売上(ダウンライン報酬)

 これは自分が紹介したビジネスパートナー(TT(チームトレーナー))が1階層。

さらにその紹介した人が別の人を紹介したビジネスパートナーを2階層。

1階層 0.25%

2階層0.25%

3階層0.25%

4階層0.5%

5階層2%

6階層 3%

7階層になれば、8%もらえます。

7階層のビジネスパートナーがつけば、月100万以上の収入になるかも。

しかし現実的ではない。

ここで、年間更新料が12.000円あるから、だいたいの人は1年でやめるのではないかと思います。

 

3.ビジネスパートナー(44.900円)を紹介しての報酬(CABボーナス)

f:id:ryanyan:20171225154219j:plain

これはランクごとにもらえる報酬が違います。

最初のランクQTTは1人ビジネスパートナーを紹介して5.000円。

次のランクETTは1人で10.000円。

3ランク目ETLは1人で15.000円

4ランク目TCは1人で25.000円

5ランク目REは1人で29.000円

6ランク目RVPは1人で34.000円

7ランク目SVPは1人で36.000円

f:id:ryanyan:20171225154503j:plain

 

  また自分が紹介したビジネスパートナーが、他のビジネスパートナーを紹介してもCABボーナスをもらえます。

例 ETTの自分のしたのQTTが、ビジネスパートナーを紹介した場合、10.000円-5.000円=5.000円がもらえます。

 

つまり自分のランクの金額-紹介した人のランクの金額=自分のもらえる金額

これは、ランクが上がればかなりおいしい。

しかしランクを上げるための条件をクリアするのは、難しいです。

 

まとめ

  入会費は44.900円。年間更新料が12.000円。

これで元手を取るのに、パーソナルカスタマーを最低20人紹介する必要があります。

 

  僕は、友人や知り合いに「もしも自分が入会して、紹介したら電気小売りのズームエナジーを契約してくれる」か聞いたけど、全員やらないと言っていました。

理由は簡単で、「わけのわからない電気小売りの契約はあやしい」

とか「マルチ商法のイメージが悪いから」と言ってました。

  もしもチャレンジしたいのであれば、CR(カスタマーレプレゼンタティブ)をおすすめします。

入会費3.900円

年間更新料 3.900円

ダウンライン報酬なし。

CABボーナスなし

しかし、直接のカスタマーの売上報酬は、TT(チームトレーナー)

の50%。

ちなみに100カスタマーポイントでTTに昇格できます

 

www.tityukaidaietto.net

 

2017 有馬記念の予想(世相馬券を考えてみました。)

 

f:id:ryanyan:20171223213643j:plain

 有馬記念と言えば、その年の世相を表す名前の馬が、

いい結果を出しています。

こんなバカなことを知り合いや友人に言うと

みんな、決まって鼻で笑う。当たり前だ。

でも不思議なことに世相を表す馬が、好走します。

 

  一例を紹介すると、去年のサトノダイヤモンド

去年はトランプさんが、まさかの大統領就任。

トランプのマークにダイヤがあります。

  またヤマカツエースは、4着。

 

そのほかには、2001年のアメリカ同時多発テロでは

マンハッタンカフェアメリカンボス

 

山本モナの不倫では、アドマイヤモナーク

この他にもいろいろあるけど、こんな感じです。

2017年の世相馬券

  じゃあ今年の世相を表す馬は、どの馬なのか考えてみました。

まずは、キタサンブラック

キタは北朝鮮。三はひふみん「加藤一二三」。ブラックはブラック企業

 

スワ―ヴリチャード。

響きがSMAPに似ている。ちょっと強引ですけど。

 

ブレスジャーニー

ジャニーズ。

 

まあ今年はこんな感じです。

でこれを踏まえての僕の予想ですが、

軸は2 キタサンブラック

 

まあこの馬で負けても文句は言いません。

現役最強だと信じているから。

 

そして、もう一馬。

14 スワーヴリチャード。

 

前走のアルゼンチン共和国杯は強い走りだった。

鞍上ミルコ・デムーロだから

恥ずかしくない競馬はしてくれるはず。

対応

ヤマカツエース

ブレスジャーニー

7 シャケトラ

10 シュヴァルグラン

13 ミッキークイーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 ディッセンバーステークス&朝日フーチャリティーステークスの予想

ディッセンバーステークス 予想

グレーターロンドン

能力はG1級。安田記念では4着と能力の高さを感じたレースでした。

この相手なら勝ち負けしそう。

 

対抗

1.ケイティプライド

2.ウインフルブルーム

4.マイネルハニー

5.ベルキャニオン

6.ゲッカコウ

7.マイネルディーン

10.トウショウドラフク

 

朝日フーチャリティーステークスの予想

能力に差があまりない感じがするが、

1.ダノンプレミアムや3.タワーオブロンドン

7.ヒシコスマー  12.ダノンスマッシュ

が抜けている感じがする。

 

3.タワーオブロンドンはルメールが騎乗するし、

今の阪神は内枠有利な感じがするから、軸をタワーオブロンドンにする。

 

対抗を手広く、

1.ダノンプレミアム

2.フロンティア

5.ケイアイノーテック

7.ヒシコスマー

10.ステルヴィオ

12.ダノンスマッシュ

 

 

 

 

2017 ジャパンカップ 予想

今年はかなりの好メンバー。

どの馬が勝ってもおかしくない。

個人的にはレイデオロキタサンブラックの一騎打ちになる気がする。

ルメールがソールスターリングを選ばずレイデオロに乗るのだから、相当自信があるのだろう。

 

キタサンブラックは、前走のゴール手前でサトノクラウンと一騎打ちだったが

あの勝負根性は本物。

ということで

 

軸はキタサンブラックレイデオロ

 

対抗はシュヴァルグラン

           サウンズオブアース

           ソウルスターリング

           レインボーライン

           マカヒキ

           ヤマカツエース

 

マカヒキは前走苦手な馬場で健闘していたし、ダービー馬だから好走しそうな気がする。